28歳はじめての妊娠生活⇒子育ての記録**2016年11月出産**

2016年11月男の子を出産しました。手探りの中はじめての子育てを楽しんでます♪

【33w0d】妊娠中のディズニーシー旅行♪1日目①**ゲストリレーションの活用**

この日は日曜日でした。

混雑予想カレンダーで検索した限りは「非常に混雑(入場制限に注意)」とのことで、少し心配もありましたが、オフィシャルホテルの宿泊でも入園保証のあるパスポートが買えるのでゆっくりめに家を出ることにしました。

 

 

5:30 起床

ゆっくりめに家を出ると決めてはいたものの、やっぱりディズニーに行く!となるとテンションが上がって早起きしてしまいます。

朝食はパークで食べようと思っていたので特に何も食べず、お薬だけ飲んで家を出ました。

 

9:00 舞浜到着!プリチェックイン

8時開園の日だったので、開園時間後は混雑しないかな?と思っていたのですが、道中の電車も舞浜駅も結構人がいっぱいでした。

 

私達は先にホテルに荷物を預けたかったので、舞浜駅を出てすぐのところにある「ウェルカムセンター」でプリチェックインをしました。

公式のディズニーホテルは1F、オフィシャルホテルはB1Fで手続きを行うのですが、

ちゃんと調べていなかったので、1Fフロアでキョロキョロしてしまっていました(;´∀`)

 

プリチェックインはホテルごとにブースが別れていて並ぶのですが、

私たちが到着した時にはシェラトンには行列ができていて、他はパラパラ…という感じです。

スタッフの方は慣れた様子でどんどん捌いていくので待たずにチェックインできました。

その時に日付指定のパークチケットも購入!

大好きなデイジーとミニーの柄でテンションが上がりました♪

 

9:20 入園&ゲストアシスタンスカードの発行

はやる気持ちを抑えながらディズニーラインに乗ってディズニーシーに向かいました。

入園開始時間を過ぎていたからか、全然並ばずに入れました。

 

入園後はまず、ゲストリレーションへ。

パークに入ってすぐのところにあるゲストリレーションという場所で、「ゲストアシスタンスカード」を発行してもらいました。

このカードは、身体の機能が低下している人や高齢者、妊婦が発行してもらえるもので、長時間アトラクションの列に並ぶことができない場合、別の場所で待っていても良いというものです。

 

 f:id:freesia4329:20161101184309p:plain

 

ファストパスとは違い、あくまでも列に並ぶことを免除されるものなので、決められた時間を過ぎるまで他のアトラクションを利用することはできません。

私は1回しか利用しなかったのですが、長時間並ぶのは辛かったので、すごく助かりました。

 

カードの発行には母子手帳等が必要になるかな?と思っていたのですが、「妊娠しているのですが、、、」というとすぐに察してくれました。

さすがディズニーのキャストさんです!

数分のパスポートを見せ、パスポートに「発行済」というようなスタンプを押してもらいます。

 

 f:id:freesia4329:20161101190058j:plain

 

また、今回初めてゲストリレーションに入ったのですが、色々なことに不便のないように工夫されていて、これまた「さすがディズニー!」と感動しました。

f:id:freesia4329:20161101191642p:plain

目に障害のあるゲストさんに向けた触地図や、視覚に障害のあるゲストさんに向けたスケールモデル、サービスドッグ同伴OKの看板等がありました。