28歳はじめての妊娠生活⇒子育ての記録**2016年11月出産**

2016年11月男の子を出産しました。手探りの中はじめての子育てを楽しんでます♪

【13d~18d】2回目の病院と新生児訪問の予約等

【13d】再び病院へ

退院後2回目の病院です。

黄疸の数値を測っていただきました。

この時は14.7。

これが高いのかどうなのか相変わらずよく分からないですが、看護師さんからは「産まれたばかりの赤ちゃんと同じくらいまで下がったから、もう大丈夫ですよ」と言っていただき、一安心です。

ただ、体重の増え方が良くないようで、3日で10gしか増えていませんでした。

日々重くなっていっている感じだったので、これには驚きです。

感覚とのズレが大きすぎたので、病院のようにグラム単位で測れる体重計が家にも欲しいなと思いました。

それにしても、黄疸が落ち着いたと思ったら今度は体重。。。

なかなか落ち着きません。

 

「数日後にまた病院に来るか、自治体の新生児訪問を早めに受けるかしてください」と言われたので、新生児訪問を早めに受けることにしました。

 

また、前回同様授乳の様子も見ていただきました。

前回ちょっと相性の合わないなと思った看護師さんではなかったので、ちょっとホッとしながら授乳させていきます。

看護師さん曰く「胸の形と赤ちゃんの唇の形があってないのかもしれない」とのことでした。

だから飲みにくくて体重も増えにくいんだとか。

そこでメテラシールドという乳頭保護シールドを勧められ、使ってみました。

すると勢いよく飲み始め、透明なシールド越しに母乳が吸われていくのが見えました。

「これだ!」と思い、帰りに病院の売店で同じ製品を買って帰りました。

 

 

【14d】早速メテラシールドに飽きる息子

病院ではメテラシールドをつけると上唇を巻き込むことなく、上手に母乳を飲めていた息子ですが、家で使ってみるとそう上手くはいきません。

というか、そもそもシールド越しでは口にふくむのが嫌なようで、なかなか口を開けてくれなくなってしまいました。

直接与えると、唇を巻き込んでしまい上手く吸えないし、シールドがあると口にふくむまでに時間がかかるし…

1回の授乳にかなりの時間がかかります。

母親学級で「産後1ヶ月はおっぱいマシーンになりますよ」という話があったのを思い出しました。

本当にその通りです。

ほとんど1日中、授乳させてるか、ゲップさせてるか、オムツ換えてるか、でした。 

 

 

【15d】新生児訪問の予約

産後に、母子手帳と一緒に交付されていた「新生児訪問申請書(たしかこんな名前でした)」を郵送しました。

それには「提出すれば、訪問日の調整の電話をします」とあったのですが、郵送してから10日以上経つのになかなか電話がかかってきません。

病院で早めに新生児訪問を受けるようにと言われていたこともあって、自分から自治体の保健相談所に電話してみました。

保健相談所では丁寧に対応していただき、後日担当保健師さんから連絡をいただけることになりました。

どうやら自分から連絡をしないと、1ヶ月以上電話はかかってこないようです。

そんなに子どもの多い自治体だとは思っていなかったのですが、意外と新生児の報告って多いのかな?なんて思ったり。

 

 

【16d】保健師さんからの連絡

保健師さんから携帯に連絡がありました。

どうやら本業(助産院)のお仕事があるので、新生児訪問にきていただけるのは決まった曜日のみらしいです。

てっきり、自治体に勤めている方なのかと思っていましたが、そうではないようです。

知らない人を家に招く、、、しかも赤ちゃんに触れられるってすごく不安だったけれど、優しそうな声の方だったので少し安心しました。

 

 

【18d】母乳がしたたる…

シャワーを終え、体を拭こうとした時にポタポタと音がしていました。

シャワーヘッドから水滴がたれているのかと思ったのですが、そうではなく。

自分の胸から母乳がしたたっていました。

これにはビックリです。

特に授乳の間隔をあけてたとか、胸に強く触れたとかではないのに…

すごい勢いで、自分の体が母親モードに切り替わっていっているのを感じました。

 

 

 

  

 

【6d~12d】病院に行ったり、家事をしてみたり

リアルタイムでは、2ヶ月を過ぎたところです。

先日、初めての予防接種に行ってきました!

いまさら感もありますが、息子の記録を…

 

【6d】へその緒がとれた!

家に帰っての生活が始まりました。

私が出産した病院は布オムツ派だったので、それまで布オムツを使っていましたが、さすがに自宅では布を洗ったりとか大変なので、紙オムツを使っています。

なかなか紙オムツに慣れないなか、お昼過ぎにオムツ交換をしたら、何かがポーンと飛んでいきました。

拾い上げてみると、なんとへその緒!

消毒してる時とか、沐浴の時に取れるものかと思っていたのでビックリです。

慌てて拾って、病院でいただいた“いかにも”って感じの小さな木箱に入れました。

へその緒がとれた後のおへそは、血の跡が残っていてジュクジュクしてるようでした。

 

 

【7d】初めての爪切り!

爪が伸びてきて、自分で顔を触って傷つけてしまうようになったので、爪切りをすることに。

でも、ちっちゃな爪を切るのは怖いです。

なので私より器用な夫にお願いしました。

寝ている間に切っちゃいたいのに、爪切りを当てると起きてしまう息子。

私が支えて、夫がささっと切っていきますが、かなり神経を使います。

全部の指を整え終えるころには2人ともかなりの疲労具合でした。笑

 

 

【8d】副乳の痛みが落ち着く

入院中から、脇にしこりみたいなものが出来ていました。

看護師さん曰く「胸が母乳を生成するのに慣れてきたら落ちつく」ということだったので、冷やしたりしながら副乳の痛みをやり過ごしていました。

まだしこりが完全に無くなったわけではないですが、脇をしめるだけで痛かったのが落ち着いてきました。

胸が授乳に慣れてきたのかな?

 

 

【9d】黄疸の確認のため病院へ

黄疸の数値が高く、経過観察が必要なので、この日は病院へ。

退院したばかりだというのに。

1人で新生児とママバッグを持って出かけるのは難しいので、夫も休みをとって一緒に行ってくれました。

病院では看護師さんが、息子の頭に体温計のようなものをあててピッと数値を計測してくれます。

この時の黄疸の数値は15.7。

退院時の数値が分からないので何とも言えないのですが、「まだ心配だから、また3日後に受診してください」と言われてしましました。。。

うーん…顔の黄色っぽいのも落ち着いてきたと思ってたのにな。

 

黄疸・体重計測の後に、授乳の様子を見るということで、看護師さんに見ていただきました。

入院中に習ったように授乳していたのですが、「体の支え方が悪い」「くわえさせ方が下手」とか言われてしまい落ち込みました。

ミルクを足す回数やタイミングについて聞いてみても「そんなこともしらないの?」と呆れながら対応されてしまい、泣きそうに(´;ω;`)ウゥゥ

連日の夜泣き対応や睡眠不足で疲弊していたので、涙腺も弱くなってたのかな。

入院中に対応してくださった看護師さんはみんな優しくて、「何でもきいてね!」という感じだったので、同じ病院なのに対応の差が激しくてちょっとびっくりしてしまいました。

3日後の再受診もすごく憂鬱。。。

 

 

【10d】夜泣きに付き合って自分も泣く

 深夜2時~5時がぐずぐずのピークです。

おなかいっぱいのはずだし、おむつだって換えたばかりなのに泣き止みません。

しかも「えーん(´・ω・`)」とかでなく、「んぎゃー(*`д´)ノ」という感じです。

ちっちゃな体のどこからそんなに声がでてるの?というくらい泣き叫ぶし、暴れます。

抱っこして、ひたすら室内を歩くと落ち着くのですが、立ち止まったり座ったりするとすぐに起きてしまいます。

眠い中、落としたりしないように気をつけるだけでも精神的に疲れますが、室内をひたすら歩きまわるので身体的にも疲れます。

上手くあやしてあげられないし、黄疸気味だとか、授乳が下手とかいわれちゃうし…

疲れと相まって色々いっぱいになってしまい、声こそ出さなかったものの息子と一緒に泣いてしまいました。

 

 

【11d】産後初めての家事はアイロンがけ

夫は「産後1ヶ月は家事をしないでいいよ」と言ってくれ、毎日ごはんを作ったり掃除をしたり、お仕事から帰ってきてから家事をやってくれています。

すごくありがたいです。

でも病人でもないのに何もしないでいるのが耐えられず、息子が寝た瞬間を見計らってアイロンがけをしてみました。

しわしわのワイシャツがシャキッとしていくのを見るのが心地よかったです。

ただのアイロンがけなのに、息子の世話以外にも役に立てるぞ!という気分になり、気持ちが少しすっきりしました。

 

 

【12d】調子にのったら骨盤付近を痛めた

この日は掃除もしてみました。

といっても、クイックルワイパーしただけですが。

「産後1ヶ月は安静に!とか言うけど大丈夫じゃん」と調子にのって1階から3階まで昇り降りを繰り返した結果、夜には骨盤の左側あたりが痛くなりました。

階段上るのが辛くて、ちょっと足を引きずる感じになるくらいです。

やっぱり「安静に」と言われるには理由があるんだなと反省し、しばらく掃除はしないぞ!と心に決めました。笑

【5d】入院中の記録③

【生後5日/入院6日目】

この日は退院の日でした。

心配だった息子の黄疸は、退院できるギリギリの数値ということで、一緒に退院できることになりました。

ホッとしたのもつかの間、「まだ心配なので、黄疸の数値を計測するために3日後に受診するように」と言われてしまいました。。。

 

退院時には、ちょっと可愛い感じのオーバーオールを着せ、お揃いの柄のおくるみで抱っこしました。

親バカですが、本当に可愛い♡

私の病院では、退院するからといってセレモニーっぽいことは何もなく、借りていた肌着やオムツなどを返却してお会計しておしまいです。

なので、レースでフリフリの「いかにも!」という感じのドレスオールと悩んだのですが、控えめな感じのオーバーオールでも十分でした。

 

お世話になった看護師さん達に挨拶をしたかったのですが、忙しそうにされていたので声をかけることもできず退院となりました。

 

自宅へはタクシーで帰りました。

陣痛タクシー利用時に丁寧な運転と接客が好印象だったタクシー会社さんに連絡しました。

タクシー自体はすぐに来てくれたのですが、この時の運転手さんはハズレな感じ…。

スムーズに利用できるように、あらかじめ病院と自宅の住所を登録しているのですが、道順を分かっていない様子。

座標が示されているナビを見ているのに遠回りされ、1メーターで到着する距離なのに2回くらい料金が上がりました。

道が分からないなら一声かけてくれたら良かったのに、、、

 

運転も荒くて体がぐらんぐらん揺れました。

新生児を抱っこしているのに、、、なんて神経質になりすぎかな。

 

自宅に戻ってからは、 出産や入院生活の疲れが一気に出てすごく眠くなりましたが、いきなり夫に赤ちゃんのお世話を任せるのも不安だったので、この日は息子に付きっきりの一日になりました。

 

 

 

 

【2d~4d】入院中の記録②

【生後2日/入院3日目】

生後1日目から母子同室が基本の病院でしたが、赤ちゃんの授乳が上手くできないために、この日は新生児室で預かっていただきました。

安心できる環境で赤ちゃんを見ていていただけるなんて、今から思えば贅沢な時間です。

でもこの時は母子同室できてるママがうらやましくてたまらなかったです。

 

10時頃、赤ちゃんを迎えに行き、それから日中は同室で過ごしました。

すやすや眠っている姿でさえも可愛くて、スマホで何枚も写真を撮りました。

元々2年近く使い続けているということもあってか、すぐに容量がいっぱいになってしまったり。

同じような表情の写真でも、全部可愛くて赤ちゃんの写真は消せないです。笑

 

この日も母乳での授乳はうまくいかず、結局粉ミルクを足したりして過ごしました。

どうやら舌がちょっと巻き気味になってしまっていて、上手く吸えないようです。

哺乳瓶から飲むのも大変なようで、10cc飲むので精いっぱい。

こんなちょっとで満足できるのかな?と不安になります。。。

 

しかも少ししか飲まないのに、飲んだ分をよく吐いてしまっていました。

ちゃんとゲップさせているのに…。

すごく辛そうに泣くので、こちらも泣きそうになります。

今なら「あらー、吐いちゃったの」と声かけしながらお洋服替えるだけですが、入院中はいつでも看護師さんに質問できる状態だったので、ちょっと吐く度に「吐いてしまったんですけど!!大丈夫ですかね!?」と聞いてしまっていました。

面倒くさい人だと思われていたかな(;´∀`)

 

 

【生後3日目/入院4日目】

朝から、退院に向けての検診がありました。

検尿、採血、内診です。

産科の先生からは「悪露も落ち着いているし、問題ない」と言っていただきました。

順調に退院できそうで、安心しました。

 

ところが夕方、看護師さんから「赤ちゃんの黄疸の数値が少し高いです。このままだと一緒に退院できないかもしれません」と言われてしまいました。

母乳や粉ミルクを必要量飲めておらず、栄養不足のため数値が高くなってしまうようです。

翌日までに必要量(40cc/1回)を飲めないようなら翌日採血しなければならないとのことでした。

 

黄疸という症状を初めて聞いたので、どんなものか分からずスマホでめっちゃ検索しました。

最悪の場合、脳にも影響があるという記事を目にして、頭がクラクラしました。

確かによく見ると目が黄色っぽい感じがしましたし、顔色も言われてみれば黄色っぽような…。

でも赤ちゃんってそういうものかと思っていました…。

 

この日は初めて夜も息子と同室で過ごしました。

日中は寝てばかりでその姿しか見ていなかったので、夜泣きが止まらず焦りました。

特に1時~3時は夜泣きのピークなのか、あやしても泣きやんでくれませんでした。

でも泣いて体力を使ったからか、ミルクは日中よりも欲しがり、30~40ccをしっかり飲んでくれました。

 

 

【生後4日/入院5日目】

夜中にミルクを飲めたので、この日は黄疸のための採血はせずに済みました。ε-(´∀`*)ホッ

 

この日は、沐浴指導と栄養指導がありました。

沐浴指導では、看護師さんが実際に赤ちゃんを沐浴させながらレクチャーしてくれました。

慣れたら5分でできると言われましたが、無理そうです…。

特にぐらぐらと首が動くのが怖い!

 

そして夕方。

私、、、人生初の坐薬を体験しました。

出産前から便秘が続いていて、1週間くらい出ていなかったので、看護師さんに入れていただきました(*ノωノ)

汚いお話ですが…坐薬って入れたらすぐに効果があるのですね!

暖かいようなジワジワした違和感があり、すぐにすっきりしました。

 

 

【0d~1d】入院中の記録①

すでに遠い日のことのように思えますが、忘れてしまわないうちに入院中の出来事について記録しておきたいと思います。

 

【生後0日/入院1日目】

14時頃に出産を終え、しばらく陣痛室で過ごした後、車椅子に乗って病棟へ移動しました。

車椅子に乗る機会はなかなかないので、ちょっとドキドキしました。

最初は「病人でもないし自分で歩けるよー」と思いましたが、ベッドから車椅子へ移動するために立ち上がった際に貧血の時のようなフラフラ感と足の脱力感があり、歩くなんてとても無理だとすぐに気が付かされました。

 

1人部屋希望だったのですが、すべて埋まっていたので、病室は4人部屋でした。

でも私が入院した時には1人しか利用されておらず実質2人部屋だったので、少し気が楽でした。

 

病室に移動してからはずっとベッドに横になっていました。

おしりの穴がすごく痛かったです。

看護師さんによると、赤ちゃんが刺激していたから仕方ないそうです。

寝る向きを変えてみたりしても、ずんずんと鈍い痛みが治まりませんでした。

 

17時過ぎに軽食を出していただきました。

食パン2枚とチーズとみかんです。

前日の20時から何も食べていなかったので、すごくおなかは空いているのに、胸がいっぱいというか何というか、食パン1枚食べきるのがやっとでした。

 

19時頃、出産後はじめてお手洗いに行きました。

この時はじめて自分で歩いて移動したのですが、足に力が入らない上に、会陰切開した部分が痛んで普通に歩くのも難しく、ペンギンのように足を引きずるような感じでしか進めませんでした。

お手洗いをすませた後は清浄綿で綺麗にしてから産褥ナプキンを取り替えます。

最初は産褥ナプキンの大きさに驚いていたのですが、実際に悪露を体験?してみると、Lサイズの産褥ナプキンでも頼りない感じがしました。

 

22時の消灯後、横になってみるものの、出産を終えたという興奮と悪露がナプキンからはみ出てしまっているのでは?という感覚があって全然寝れません。

しかも子宮が痛みます。

生理痛のちょっと酷い時みたいな。

消灯してしまっていたので、わざわざ看護師さんを呼ぶのも申し訳ないと思い、目を閉じてひたすら耐えていました。

 

日付を超えた頃、周囲の病室から赤ちゃんの泣き声が聞こえてきました。

(私の病院では出産翌日から母子同室することが基本となっています)

私の赤ちゃんは新生児室にいるので、母子同室生活をしている別の方の赤ちゃんの泣き声なはずですが、赤ちゃんの泣き声が聞こえる度に「うちの子が泣いてるのかも!」とドキッとしてしまい落ち着かなかったです。

 

 

【生後1日/入院2日目】

6時に起床して検温していると、正面のスペースに新しく妊婦さんが入院されてきました。

お隣のスペースの方と同じで、出産前の方のようです。

2人部屋が3人部屋になりました。

 

この日は朝から母子同室のお話がありました。

同じ日に産まれた2人のママと一緒に、赤ちゃんの抱き方や授乳方法、オムツ替えについて等を学びました。

今ではササッと抱き上げることができますが、この時は本当に難しかったです。

もちろん今より小さいので「折れそう、壊れそう」という気持ちが大きくて、抱き上げるのが怖かったです。

 

でも一番難しかったのは授乳です。

母乳を全然吸ってくれなくて、口にくわえさせるのだけで精一杯でした。

他の2人のママと赤ちゃんは上手に授乳出来ていて、スムーズに飲んでいるのに、うちの子だけくわえることもできなくて…

しかも他の2人の子はどちらも3000g後半で生まれてきていて、すでに髪の毛もふさふさなのに、うちの子は2800gで一回り小さいし髪の毛も全然ないし…

今思えば他の子と比べる必要なんてないって分かるし、全然問題にすることじゃないのに、この時はちょっと泣きそうになりました。

3人のうち自分だけが上手く授乳させてあげられないことも辛かったです。

 

初めての授乳では40分かけて5cc飲んでもらうことができました。

今は10分あれば80ccくらい飲み干します。

すごく成長したなーと感慨深く思ったり。笑

 

18時頃、実家の母と妹が赤ちゃんに会いに来てくれました。

落としたら怖いということで2人とも抱っこはせずに、ほっぺを触るだけでしたが可愛がってくれました。

 

 

【40d】生後40日目を迎えました!

息子が生まれてからは、1日1日が長くて、でもあっという間のようでもあり、今までの人生の中でもかなり濃い毎日を送っています。

今日が生後40日目だということもアプリの通知で気が付きました。

体感だともう3ヶ月くらい一緒にいるような。笑

 

今日までの40日間で色々なことがありました。

黄疸の数値が高くて退院できないかもしれないと言われてしまったり、

体重が増えないからと病院にお世話になったり、

生後3週間にして救急車に乗ることになったり、

…なんだか文字にするとすごく病弱な子って感じですね(・_・;)

今は元気すぎるくらい毎日パワフルにしてます。

先日1ヶ月健診も終え、ベビーカーデビューもしました!

こうやって日々成長していく息子の姿を見ていると、色々心配だったことがあったことすら忘れてしまいそうです。

忘れないうちに記録に残しておかないと!と思いながらも、息子の睡眠が細切れなため自由時間がなくパソコンに向き合えない毎日です。

 

 

【39w0d】私の出産記録④**赤ちゃんの誕生とお産のまとめ**

14時頃*赤ちゃんとの対面

少しして「おめでとうございますー」と言いながら助産師さんが赤ちゃんを見せてくれました。

初めて見た赤ちゃんは、全身青紫色をしていました。

赤ちゃんの顔を見た瞬間、今までの痛みは全部どこかにいってしまって、もう本当に気持ちがいっぱいいっぱいになりました。

私と赤ちゃんの2shot、私と夫と赤ちゃんの3shotの写真を撮影した後、赤ちゃんを胸の上に乗せてもらいました。

本当に小さくて、生き物なのかどうかも怪しい感じでした。

 

助産師さんが「おっぱいあげてみましょうね」と言いながら、胸に赤ちゃんの唇を近づけてきました。

「えっ、もう授乳できるの!?」とビックリでしたが、やっぱりまだ吸ったりすることはできず、胸に唇をつけるだけでした。

でもそれも意味のあることのようです。(何故なのか言っていたと思うのですが、よく覚えていないです…)

 

少し触れあった後、赤ちゃんは体重等の計測のため、助産師さんが別室に連れていきました。

夫も一緒について行ったため、分娩室には私と先生ともう1人の助産師さんが残されました。

 

 

14時30分頃*胎盤の処理等

出産を終えてホッとしていたのもつかの間で、胎盤の処理をしていただきました。

どろんとしたものが出た感じがして、何だか2度目の出産をしたような気分でした。

それから切開した部分を縫っていただきました。

胎盤の処理と縫合の順番が逆だったかもしれません…)

縫合している時、麻酔をしているので当然痛みは感じないのですが、縫っている様子が見えてしまい、それだけで痛いような気分になりました。

 

全部の処理が終わった後、「2時間は分娩室で過ごしてください」と言われ、先生方が退室していきました。

それと同時位に夫が戻ってきて、赤ちゃんの写真を撮ってきたと嬉しそうに報告してくれました。

 

 

 

私のお産はこんな感じでした。

途中、緊急帝王切開になるかもしれないという想定外のこともありましたが、なんとか自然分娩で無事に出産することができ、本当にホッとしました。

 

実際に出産するまでは、「数日前に前駆陣痛がある⇒陣痛が始まる(⇒破水していなければシャワーを浴びる)⇒10分間隔の陣痛になったら病院へ⇒陣痛室で食事したり体力を温存しながら過ごす⇒分娩室へ」という流れになるのだとばかり思っていました。

でも私の出産では、陣痛室で過ごすことなく分娩室に通され、そのまま…という感じでした。

また、赤ちゃんが産まれる瞬間が一番痛いのだと思っていましたが、陣痛の方が辛いし、むしろ産まれれくる瞬間は痛みはなかったです。

色々とイメージとは違っていました。

 

イメージと違っていて1番ホッとしたのは夫への暴言がなかった(と思われる)ことです。

立ち合い出産の際に夫に汚い言葉を使ってしまったり、暴言を吐いてしまったというような記事を目にしていたので、心配していたのですが、夫曰くそういうことはなかったそうです。

陣痛の時に言葉にできないような叫び声をあげてしまっていたのですが、「叫んでるとこなんて普段見ないから新鮮だったよ」と明るく言ってくれました。

 

それに、夫は 私が陣痛で苦しんでいる時にはずっと背中や腰を撫でてくれました。

「そこじゃない(# ゚Д゚)もっと下!」とか理不尽に否定したり怒ったりしても、根気強くずっと撫でてくれたし、そばにいてくれました。

だからか「2人でお産を乗り切った」という気持ちも強く、立ち合い出産にして本当に良かったと思っています。